入院時にかかるベッド料金について

てきすと

入院時のベッド料金と差額ベッド料金について

入院したときのベッド料金は入院基本料に含まれています。しかし個室を使用した場合などは、他に一定の自己負担を請求されることがあります。これを差額ベッド料金と呼びます。民間の医療保険の売り出し文句で「入院したときにこれだけのお金がかかってしまう!」といった内容には必ずといっていいほど、この差額ベッド料金が含まれています。

個室使用で差額ベッド料金が必ず出るとは限らない

しかし、差額ベッド料金は個室を使用すると絶対に発生するというわけでもありません。差額ベッド料金を支払わなくてはいけないのは、「治療する上で個室を使用する必要性が皆無であるにもかかわらず、患者本人が個室強く希望した場合のみ」となります。
例をあげると、他の患者と一緒に寝たり起きたりするのが嫌で個室を希望したいとか、ビジネスの関係上、個室を使用しなくてはいけないといった人は、医療費とは他に差額ベッド料金が追加されます。

誤解やトラブルの多い差額ベッド料金

しかし、差額ベッド料金については誤解やいざこざが多く、たとえば「大部屋に空きが無く個室しか空いていないといわれたため仕方なく差額ベッド料金の支払いに応じた」という方も多いようです。こういった経緯の場合、病院が差額ベッド料金を支払うよう求める出来はなかった可能性があります。また下記の場合についても差額ベッド料金の支払いに応じる必要はありません。

  • 1.同意書による同意の確認をしていない(また差額ベッド料金が掲載していないものは無効となる)。
  • 2.治療する上で必要となり特別療養環境室に移動した。
  • 3.病棟管理において、患者の選択の有無にかかわらず特別療養環境室に移動した。

差額別途料金を支払うケース

治療において個室使用の必要性はないけれど他にベッドが空いていないとか、同部屋の患者が痴呆またはいびきなどのために他の患者の迷惑となる場合は、病院側からきちんと説明を受け、納得した上で、料金が書かれた動員書に患者がサインを行うと、差額ベッド料金を支払うことになります。また、差額ベッド料金の支払い対象が個室だけではなく、相部屋のケースもありますので注意しましょう。

差額ベッド料金は都市部ほど高い傾向がある

差額ベッド料金は全国統一ではありません。都市になるほど高くなる傾向にあります。しかし一方では、差額ベッド料金がかかる病室を準備していない病院もあります。病院の受付あるいは待合室など患者が発見しやすい箇所に、差額ベッド料金が必要な病室の数とその料金について掲示することが義務となっています。よく行く病院など、まえもって確認しておくといざというときに慌てずに対処できるでしょう。

病院ごとによる差額ベッド料金相場表(1日あたり)
2002年厚生労働省保険局医療課調べ

金額相場

割合

〜1,000円

11.2

1,001〜2,000円

16.8

2,001〜3,000円

15.9

3,001〜4,000円

11.1

4,001〜5,000円

11.6

5,001〜10,000円

22.8

10,001円以上

11.1

※ポイント
民間の医療保険のパンフレットなどでは1万円を超える設定が多いが、実際には1万円以上の部屋は、差額ベッド料金がかかる部屋のうち全体の1割ほどに過ぎません。

てきすと

▲上へ戻る

テキスト