知らないと損する! 高額療養費は前借り可能

てきすと

高額療養費が戻ってくるまで3ヶ月ほどかかる

保険診療で自分が負担する治療費の額が一定を超えると、大部分は高額療養費によって後から払い戻しされますが、実は戻ってくるまでに手続きの関係上、90日ほどかかってしまいます。その間、生活が苦しくなってしまう場合は、払戻予定の高額療養費の一定割合を利息なしで前借りすることの出来る「高額療養費融資制度」が利用することが可能です。返済方法は、高額療養費が払い戻しされるときに、すでに前借りしていた金額が引かれて支給される形となります。

前借りできる金額はどれくらい?

高額療養費で前借りできる金額は、サラリーマンなどが加入する政府管掌健康保険と船員保険は高額療養費の80%ほどの金額、自営業者やフリーランスの方が加入する国民健康保険は市区町村によってばらつきがあり、70%〜100%などの金額となります。また大手企業の健康保険組合も組合ごとに制度が違ってきますので、事前に確認しておくようにしましょう。

国民健康保険の高額療養費の委任払い

また、国民健康保険には独自の制度があります。「高額療養費の委任払い」という制度ですが、あとから払い戻される高額療養費を受け取る権利を病院に任せるというもので、高額療養費の委任払い制度を使うと治療費の支払いは1ヶ月あたりの自己負担限度額までで大丈夫になります。超える分について支払う必要がなくなります。市区町村によっては高額療養費の委任払い制度を設定していないところもありますので、事前にきちんと確認しておきましょう。

高額療養費には無利子融資や委任制度などもあります

てきすと

▲上へ戻る

テキスト