知らないと損する! サラリーマンの傷病手当金制度について

てきすと

支給されるのは標準報酬額の60%です

健康保険に入っているサラリーマンは、病気あるいはケガによって連続で4日以上会社を欠勤し、給料が支給されなくなると、健康保険から4日目からは「傷病金手当」をもらうことが出来ます。傷病金手当でもらえる1日の金額は標準報酬日額の60%です。

標準報酬日額とは?

標準報酬とは健康保険の保険料や手当金がどのくらいになるかを計算するときの基準となる額で、被保険者がうけるいろいろな報酬(給料やさまざまな手当など)の月額を1級・98,000円から39級980,000円のどれかにラング付けしたものです。標準報酬日額は標準報酬月額を日額に換算したものです。

傷病金手当が出ないケース

しかし、会社を欠勤している間も標準報酬日額の60%以上の給料が支給されていれば、傷病金手当をもらうことができませんので注意しましょう。
ただ他で給料が支給されていたとしても、標準報酬日額の60%に満たない場合、その差額分をもらうことが出来ます。

傷病金手当の期間

傷病金手当がもらえる期間は決まっており、最高で1年6ヶ月となっています。

傷病手当金の仕組み

てきすと

▲上へ戻る

テキスト