知らないと損する! 附加給付で負担をさらに軽減しよう

てきすと

高額療養費の付加給付について

大手企業にもなると、健康保険の中でも「組合管掌健康保険」に加入している方も多いのではないでしょうか。この「組合管掌健康保険」に入っている方はさらに手厚い保障をうけられる場合があります。
例をあげると、「高額療養費」の附加給付として1ヶ月間の自己負担の限度額を、法律で定められている額よりも低い額で定めている場合がよくあります。この低く定める金額は大体30,000円から50,000円を1ヶ月あたりの自己負担金額として決めているかんじです。

健康保険組合によって異なる上乗せ

傷病手当金についても20%上乗せして標準報酬日額の80%を支給する決まりがあったり、最高1年6ヶ月という支給期間をさらに伸ばして、最高3年間支給すると決めている組合もあります。

健康保険組合以外のサポート

このような健康保険組合を利用した上乗せとは別に、福利厚生制度には、差額ベッド料金が発生した場合は定められた金額を限度としてサポートしたり、傷病見舞金を支給するという企業や会社もあります。

企業の保険組合によりさまざまな上乗せがあります

てきすと

▲上へ戻る

テキスト