知らないと損する! 70歳以上を対象として自己負担金が少額になります

てきすと

複数通院の場合は領収書を保管しておこう

70歳以上になりますと1ヶ月間の自己負担限度はもっと少なくなります。まず病院の外来においては、かかった自己負担金を各個人で計算を行い、自己負担限度額以上になった場合、こちらから請求すると超過した部分の金額はすべて戻ってきます。いくつかの病院へ通っている場合は、それぞれにかかった自己負担金の総計が基準になりますので、領収書やレシートはきちんと保管しておきましょう。

所得区分「一般」の場合、月40,200円まで

入院した場合は所得が定めた金額を超えない限り、自己負担限度額以上の部分は支払わなくてもよくなります。例をあげると、所得区分が「一般」の方であれば、1ヶ月間に40,200円までの支払いでよくなります。また、同じ世帯内で医療費を使った人が何人かいれば、世帯単位で入院と外来の自己負担額を足し算し、世帯単位の自己負担限度額を超過した部分が払い戻しされます。

高齢者の自己負担限度額上限 70歳以上の高額医療費

所得区分

個人単位(外来のみ)A
自己負担限度額上限
(1ヶ月)

世帯単位(入院&外来)B

自己負担限度額上限
(1ヶ月)

4回目以降

一定以上
所得者
※1

40,200円

72,300円+(医療費−361,500円)×1%

40,200円

一般

12,000円

40,200円

低所得者
※2

8,000円

24,600円

低所得者
※3

15,000円

(※1) 各種所得控除後の課税所得が年額145万円以上、かつ年収が夫婦2人世帯で621万円以上を対象。単身世帯は年収484万円以上が対象となる。
(※2) 世帯主及び世帯全員が住民税非課税の人を対象。
(※3) 世帯主及び世帯全員が住民税非課税かつ各種所得などから必要経費、控除を差し引いた各所得が0円となる世帯に属する人を対象。

平成18年10月からの高額療養費(70歳以上)

所得区分

個人単位(外来のみ)A
自己負担限度額上限
(1ヶ月)

世帯単位(入院&外来)B

自己負担限度額上限
(1ヶ月)

4回目以降

一定以上
所得者
※1

44,400円

80,100円+(医療費−267,000円)×1%

44,400円

一般

12,000円 ※4

44,400円 ※5

低所得者

8,000円

24,600円

低所得者

15,000円

(※4) 2008年度からは74歳まで24,600円となります。
(※5) 2008年度からは74歳まで62,100円となります。

てきすと

▲上へ戻る

テキスト