民間医療保険の利用は現在の状況に応じて見直すことが大切

てきすと

状況変化に応じた加入保険の見直しを

これまで、入院したときにおける経済的な打撃について様々触れてきたとともに、程々の民間医療保険の加入方法について考えてきました。しかし、年を重ねるごとに貯金が増えたり、家族構成や年齢構成に変化が出てきたり、収入が増えたり(減ったり)することによって「状況」に変化が生じます。その状況変化に合わせて加入している民間医療保険を見直す必要が出てくるかもしれません。

医療制度の変化も忘れずに

あなたや周囲だけの変化のみではなく、医療制度の変化も見落とさないようにしましょう。いま販売されている民間医療保険は、現在の医療制度に沿った内容で構成されています。保障の内容が時代に適さなくなれば、貯金を主に行うようにシフトしたり、違うサービス内容の保険商品に変更するなどの対応が必要となります。

新保険商品の切り替え検討への注意点など

ただし、有効な保険商品が新発売されたとしても、自分の健康状態が良くなく入ることが出来なかったり、保険料の支払いが厳しい場合は切り替えが困難となります。現在の状況の民間医療保険にたくさんの保険料を支払った結果、将来の経済的な余裕をなくしてしまうようでは本末転倒です。そして、何よりも第一に考えることは不摂生な生活をせずに良い健康状態を保つことが大切なのです。

あなたや周りの状況に変化が出たら医療保険も見直す時期

貯金が増えてきた

民間の医療保険からは卒業し、保険料をすべて貯金に充ててリスクヘッジを高めましょう。

退社・独立などから国民健康保険に切り替わった

傷病手当金や福利厚生度が使えなくなるので民間医療保険を利用してしばらくは保障することを検討しましょう。

医療制度が変わったので加入している民間医療保険が合わなくなった

加入している民間医療保険の解約を行い充てていた保険料は貯金にまわしましょう。

変化した医療制度の内容に適した新保険商品が販売した

新保険商品に切り替えることが経済的・健康的に可能でしたら切り替えることを検討するのも一つの手段でしょう。

てきすと

▲上へ戻る

テキスト