女性を限定とした保険商品は女性の味方であるという思い込み

てきすと

男性より女性の方が、入院率が高いというデータがあります(20〜30代前半)

「女性特有の疾病をしっかりと保障」や「女性に安心!手厚い保障を約束します」などといったキャッチフレーズで惹きつけられる保険商品。こういった女性をターゲットとして絞った民間医療保険をちらほらと見かけます。内容は積み立てボーナスができたりするなど、保障の他の部分を注目させる工夫がされていることが多いようです。

たしかに、20代から30代前半の男女を比較すると、女性の方が入院する確率が高いという集計が出ています。自分の周りに入院や手術をしたことのある人がいれば、やはり不安になってしまうのも無理ないと思います。

女性特有の疾病だからといって
公的医療保険の保障が変化する訳ではありません

しかし、「女性限定」や「女性に優しい」などを冠した保険商品は、あくまでも市場戦略を意識したものに過ぎません。そもそも、女性特有の疾病だからといい、公的医療保険の自己負担の割合が30%から50%に跳ね上がるという訳ではありませんし、1ヶ月間の自己負担金額が定められた額を超過すると、その分は高額療養費制度によって戻ってきます。

帝王切開などは通常の民間医療保険でも保障対象

また、女性特有の疾病や帝王切開、切迫流ざん、妊娠中どく症などで入院したケースですと、通常の民間医療保険でも入院給付金の支給が行われます。正常な分娩による出産は対象として外れますが、そもそも女性限定の保険でも同じように対象外なのです。

保険加入の検討は冷静に現状を分析して決定しましょう

女性特有の疾病にたいして保障を十分にカバーしようとすると、もちろんその分の保険料はアップします。保険に入るときの検討にあたっては、不安なことが現実として現れたとき、どのくらいの経済的打撃を被るかを計算した上で、保険料コストを上げるに相応しいものであるか見極める必要があります。保険セールスレディやパンフレットなどの説明に惑わされることなく、商品の合理性と自分自身のリスクがどの程度となるかをきちんと考えて、冷静に判断する癖をつけるようにしましょう。

女性特有の疾病を保障した保険は保険料が30%ほど割高となる

大手保険会社を例としたケース

OLのAさん(35歳女性)
・保険期間は終身タイプ
・病気やケガで入院した場合の基本的な入院給付金の日額(5,000円)の保険料は 1,925円(1ヶ月)
女性特有の疾病の入院給付金の日額(10,000円)の保険料は 2,540円(1ヶ月)

女性特有の疾病の場合は基本的なものより +615円 を月々払うことになります。

保険料を計算して比較してみると……

入院給付金日額5,000円

女性特有の疾病は倍額支給 10,000円

30歳

1,720円

2,345円

35歳

1,925円

2,540円

40歳

2,200円

2,820円

※年齢ごとに見ても基礎的なものと比べて30%程度の保険料アップとなる。

てきすと

▲上へ戻る

テキスト